高級車は耐久性が高い

昔だと高すぎてとても買えなかった高級車も中古車市場に出回るようになれば、一般的な収入の方でも維持できる可能性が出てきます。ですがわざわざ中古を選ぶという行為は新車主義の人から見ればギャンブルのように思えるのも事実です。しかし高級車は走行部品にも手抜かり無くコストをかけていますから、耐久性は大衆車より遥かに優れています。またスイッチ一個にしてもアッセンブリーではなく、中の接点一個までメンテナンス可能な様に作られているのも高級車の特徴と言えます。

中古購入時に気をつけること

さていよいよ高級車を中古で買う時がやってきた時に気をつける事はなんでしょうか。基本的には大衆車と同じですが、それに加えて以前のオーナーがきちんと整備していたかを調べましょう。整備簿がない車は整備を怠っていると判断してもほぼ間違いありません。逆に整備簿がある中古車はほぼ安全です。もちろんエンジンオイルやプラグ、バッテリー、タイヤ等の消耗品は何キロメートル毎に交換しているかの記載の有無は特に念入りに調べましょう。

修復暦ありの車を狙っても良いでしょう

車の骨格であるフレームを修理した場合は車検上は修復暦ありの車となります。ただし修復暦と言っても幅広く、屋根がへこんだりしただけでも修復暦ありの車となりますから、このような中古車を狙って購入すれば、相場よりかなり安く購入できる事になります。ただし大破した車をニコイチで修理したりした場合だとまともに走らない等のトラブルになる恐れが非常に高くなります。ですから修復暦あり高級車の中古車を買う場合は走行に支障がない部分を修復した車を選ぶと良いでしょう。

愛知県でボルボの中古車をお探しなら「COCSUN」です。万が一の場合も、2年間の無料保証付きなので安心です。